お歳暮とは、暮れのあいさつともいわれています

お歳暮というものは、暮れのあいさつとして定着しているといえます。そして、たいてい、12月に贈ることが多いです。お歳暮の定番といえば、調味料やスイーツ、そしてお酒などが考えられます。こういったものの好みは人それぞれです。贈る相手の好みを考えて選ぶといいでしょう。

 

そして、お歳暮といえば、やはり、暮れのあいさつを兼ねるものです。したがって、1年の感謝をこめて贈ることが大切です。お歳暮を贈る相手といえば、親戚や仕事の関係が考えられます。

 

その後の関係や取引が円滑に進むことを考えると、お歳暮を贈ることもメリットがあるといえます。できれば、宅配ではなく、直接、持参して、あいさつに伺うといいでしょう。その方が、お歳暮の意味があるともいえるのです。

お歳暮の選び方

普段からお世話になっている人たちへ、日頃の感謝を込めて贈るお歳暮は、やはり相手が喜ぶものを贈ってあげたいといつも考えながらデパートで時間をかけて選んでいます。最近は普段なかなか手に入らないグルメの贈答品も増えているのでこういったものを選ぶことが多いです。

 

美味しいものは人を幸せにしますから、大抵は喜んでもらえるので贈り甲斐もあるというものです。

 

私が利用するのはだいたい大手のデパートのお歳暮の特設会場です。あのなんとも慌ただしい雰囲気がちょっと苦手なのですが、いろいろ試食しながら品定めをするのは結構楽しかったりするのです。

 

贈る方々の住所リストを手にして、一つ一つのお歳暮を決めて配送手続きを済ませていくと最後の一人のお歳暮を送り終わった時にはものすごい達成感があります。贈る側も贈られる側も幸せな気持ちになれるのがお歳暮の魅力なのかもしれません。