お歳暮を贈る前はアレルギーの確認を

一年の感謝の気持ちを込めて贈るお歳暮。あなたの相手を思う気持ちが、素直に伝わる物を贈りたいですね。お歳暮は元々、年越しの儀式のために必要な、数の子や塩鮭といった食品を送るのが習わしでした。その伝統からか、今でも食料品を送る事が多いです。

 

しかし食品を送る際、ひとつ注意して頂きたい事があります。それはアレルギーです。最近は食品にアレルギーを持つ方が増え、小麦粉や卵、ナッツやエビ・カニ等、ごく当たり前の食品が食べられない方も多いです。贈る前は事前に確認した方が良いですね。

 

内容をばらしてしまうのは、つまらない気もしますが、聞かれた相手は、あなたの優しさに好印象を持つはず。せっかく贈るお歳暮。贈る方、贈られる方、双方気持ち良く遣り取りできたら素敵ですね。

 

初めて両親にお歳暮を送ってみた

実家を離れて生活をするようになってから、はや5年が経過しますが、去年初めて両親にお歳暮を贈ることになりました。定期的に実家に帰省しているので、わざわざお歳暮を贈るような事をしなくてもいいのですが、友人の中に毎年律儀にお歳暮を贈っているという奴がいて、そいつに感化されて私も贈ってみようと思った次第であります。

 

で、ベタではありますが缶ビールを1ケース購入し、贈ったのですが・・。残念ながら、こちらが思っていたようなリアクションではありませんでした。どういう事かというとですね、こちらとしては、「ありがとう」とか「大人になったなあ」とか、

 

そういったポジティブな返事が返ってくると思っていたのですが、実際のところは、「別にお歳暮なんかいいのに」とか「余計な出費」みたいなネガティブな返事が返ってきたんです(笑)。まあ、気恥ずかしいだけだったのでしょうけど、それにしても、もっと違ったリアクションがあるじゃない。