隣人にお歳暮をいただきました

私はこの家に引越してきて、まだ半年しか経っていません。それなのにお隣さんからお歳暮を贈られました。とてもびっくりしました。

 

挨拶程度のお付き合いしかしていません。それ以上の話しはした事がなかったのです。それなのに、突然お歳暮が届いたのです。それも宅配便でです。

 

中身はハムでした。ハムのセットだったのです。嬉しいお歳暮です。

 

送り主を見て、本当にびっくりしました。でも私もお返しにと、宅配便でお歳暮を贈る事にしたのです。何にしようか悩んでいた時、ハムをもらったのだからゼリーにしました。日持ちするし、誰でも食べれるからです。

 

お隣には三歳の子どもさんから、八十代のおばあちゃんまでが住んでいるのです。これなら気に入ってくれると思います。

会社関係のお歳暮事情

小さな事業をしているせいもあり、お歳暮を毎年贈っています。
10年くらい前までは毎年10から20個のお歳暮を贈っていたのですが、最近では5個程度までお歳暮を送らなくなってしまいました。

 

景気があまりよくないという面もないではありませんが、社会全体が儀礼的な習慣はやめにした方がいいというような雰囲気も感じてしまいます。

 

毎年贈っていた会社から、お歳暮やお中元などはやめてほしいという依頼が何件かあったのもそのような雰囲気からでしょう。それでも、儀礼的な習慣がすべて全くなくなってしまったというわけではなく、コストがあまりかからないような年賀状や暑中見舞い、新年のご挨拶などがなくなったというわけではありません。